システムエンジニアになり受け入れる忙しさ

情報技術者というと、デスクワークで知的に仕事をこなしているようなイメージが強い。
カッコよくクールにできる仕事として、魅力的である。
しかし、実際にシステムエンジニアとして仕事をしていると、理想との大きな違いに直面する場面が多い。要因として、仕事の忙しさがある。こなさなければならない仕事が多く、スタイルになりふり構っていられない。
とにかく多くの作業をこなすため、時には深夜まで仕事が及び、オフィスで寝泊りする経験もよくある。
システムエンジニアになるには、忙しさが大変な仕事であるという認識が求められる。
ゆっくり余裕を持って仕事がしたいと考えている人には、システム開発の現場で働き続けるのは難しい。

一方で、多少は忙しい方がやりがいがあると考える人物は、システムエンジニアに向いている。
忙しい仕事のスケジュールは確かに大変であるものの、夢中になれる楽しさもあります。
また忙しい職場であるほど多くの仕事の経験が積めるため、キャリアアップが早いメリットもある。
始めは仕事の初歩も分からなかったエンジニアも、忙しい仕事をこなしていくうちに、メキメキと実力を身に付けていく。
苛酷な開発プロジェクトをいくつか経るうちに、いつのまにかエンジニアとして必要な実力が身についている。
システム開発の仕事をこなすには、忙しい仕事でも面白く働ける適性があるかどうかが重要である。
エンジニアにとって必要な能力は、仕事をこなしていくうちに自然と伴ってくる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です